医療機関で行う電気脱毛法を知る

毛穴から毛乳頭部に達するまで挿入し、針に電流を流すことで、毛乳頭部を破壊するというものです

 医療機関で現在行われている脱毛法で、もっとも一般的なものが電気脱毛法です。レーザー脱毛が開発されて以来、徐々にこちらに切り替わりつつはありますが、レーザー機器が非常に高額であることや、技術の問題などから、まだまだ普及度は低く、電気脱毛は現在でも多くの医療機関で行われています。 電気脱毛法には、いくつかの方法がありますが、基本的には細い針(ニードル)を毛穴から毛乳頭部に達するまで挿入し、針に電流を流すことで、毛乳頭部を破壊するというものです。毛根・毛乳頭を破壊してしまいますので、二度と毛が生えてくることはありません。ちなみに毛根・毛乳頭は一度破壊されたら、二度と再生されません。 施術は、脱毛する部位をアイスパックで冷やして皮膚温度を下げ(通電の際の痛みを和らげるため)、針を挿入し、高周波電流を流して毛根を破壊しつつ、毛を抜くという流れになります。この作業を毛の1本1本に対して行うわけです。 針といっても、注射針に比べてかなり細いものですが、それでも毛穴に挿入する際には、どうしても痛みを伴います。1本1本の痛みは大したことがないにしても、1回の施術につき、何百本の毛に対して行うわけですから、痛みの「総和」はかなりのものがあります。冷却すればかなり痛みは緩和されるものの、それでも「耐えられない」という人も多いものです。 ただし、エステティックサロンと違い、医療機関では、麻酔を用いることが可能です。麻酔を利用した場合は、使用しないときよりも太い針の使用が可能となり、より高い脱毛効果を上げることができます。

>>電気脱毛法には長所・短所がある

色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。