電気脱毛法には長所・短所がある

電気脱毛を体験したある主婦などは、「13時間かかったお産よりつらかった」と述懐しています。

 電気脱毛法の利点は、何といっても一度施術してしまえば、二度とムダ毛にわずらわされることがないことでしょう。面倒なムダ毛のお手入れから解放されるのですから、女性にとってこんなうれしいことはありませんね。 しかし、その一方で、電気脱毛法には決して無視できない短所もあります。 まず痛みの問題です。医療機関では麻酔を使えますから、この問題はクリアされていますが、エステティックサロンにおける電気脱毛はこの痛みとの戦いがもっとも大きな問題となるでしょう。 痛みは、人によって、また施術者の技術によっても異なりますが、痛みに対する感受性の強い人は、本当に耐えられないもののようです。 電気脱毛の痛みは、経験したことのない人にはなかなか理解できないでしょうが、その経験者によれば、通電する度に、「ビクッ」と飛び上がりたくなるような、イヤな痛みだということです。 電気脱毛を体験したある主婦などは、「13時間かかったお産よりつらかった」と述懐しています。

とても痛い電気脱毛

あまりの痛みに、途中でドロップアウトしてしまう人も少なくないようです。 もちろん、すべての人が耐えられないほどの痛みを訴えるわけではなく、何とかガマンできたという人のほうが多いようですが、それでもまったく痛くなかったという人はいません。 痛みのほかに、こちらも大きな問題として「非常に時間がかかる」というものもあります。毛の1本1本を処理するわけですから、どれだけ時間がかかるか、想像がつくというものでしょう。 これは、施術する側にとっても大変根気が必要な作業となります。 ―回にできる範囲は、毛の量にもよりますが、決して多くなく、腕や足など広範囲の部位を終えるには大変な時間がかかります。しかも前述の通り、体毛には毛周期があり、「休んでいる毛」もあるわけです。 ですから、1回行った部位は二度と毛が生えてこないわけではなく、その後も処理が必要です。 月にI回の処理で、ワキの下なら1〜1年半、腕や脚の場合は半年〜1年が目安となっています。中には3年、4年かかってやっと終わらせたという人もいます。 しかも、この間は、なるべく自己処理をしないように指導されます。どうしてもという場合は、ハサミで短くカットするようにとのことですが、夏場などはそれでは困ってしまいますね。 このほか、施術が皮膚に与える影響も無視できません。術後は、赤みや腫れ、かゆみ、しこりなどの症状が出ることがあります。中には「赤タン」のような状態になってしまう人もいます。どれも医学的に心配のあるものではなく、数日から2〜3週間で引いていきますが、その間は肌を露出できないなどの難点があります。 また、やり方によって、皮膚がとくに弱い人は、シミができてしまったり、色素沈着を起こしたりすることもあります。 ワキの下の電気脱毛をしたものの、色素沈着を起こしてしまい、結局人に見せられなくなってしまったと訴える女性もいるほどです。

色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。