毛抜きや脱毛テープで抜く

ワキの下や腕、脚などを処理するのは大変な時間がかかってしまいます

 抜く方法は、剃る方法とともに、かなり普及しているムダ毛の処理法といえるでしょう。手軽で、何といっても仕上がりがキレイなことが利点です。また、剃る方法と違って、1回処理したら、しばらくはもつこともポイントでしょう。 抜く道具としては、毛抜き、電気脱毛器、脱毛テープーワックスなどがあります。 毛抜きは1本1本をはさんで抜くもので、痛みがあるのと時間がかかるのが難点。眉毛程度の処理ならまだよいのですが、ワキの下や腕、脚などを処理するのは大変な時間がかかってしまいます。 電気脱毛器は、1本1本を迅速に抜いていきますので、毛抜きよりは時間はかかりません。しかし、次々抜くことになりますので、痛みがあるのは避けられません。また毛抜きと違って「抜き残し」もあります。 脱毛ワックスは、温めたワックス剤を皮膚に置き、毛の流れと反対の方向に一気にはがすものです。脱毛テープのほうも原理は同じで、粘着性のテープを貼って、毛の流れと逆に一気にはがします。最近はワックスよりも、手軽なテープのほうが人気のようです。 ワックスやテープは、いっぺんに広い範囲のムダ毛を処理することができますが、やはりかなりの痛みがあるのと、皮膚にかなりの負担をかけてしまうという難点があります。またワキの下の脱毛などには不向きです。 

抜き跡がトリ皮のようにブツブツ浮き上がってきてしまう場合があります

このほか、抜く脱毛で起こる皮膚のトラブルの例としては、「トリ肌」と「埋没毛」があります。 長年毛抜きやワックスで処理をしている人にはおわかりいただけると思いますが、ワキ毛などを抜いていると、抜き跡がトリ皮のようにブツブツ浮き上がってきてしまう場合があります。これは毛を抜くときに皮膚も一緒に引っ張られ、毛が抜けたあとも元に戻らないために起こるものです。抜く方向が正しければまだいいのですが、毛の向きと逆らった方向に抜くと、トリ肌を起こしやすくなります。 一方、埋没毛とは、毛根部で切れてしまった毛が、毛穴の中でうず巻き状に伸びて、皮膚の外に出られなくなった状態です。成長した毛が、皮膚の内側に透けて見えます。毛抜きやテープをよく使っている人は、「ああ、あれね」と思い当たるのではないでしょうか。 埋没毛はそのままにしていても別に害はありませんが、あまり見栄えのいいものではなく、女性にとっては気になることでしょう。取り除くには、消毒したハリなどで、トゲを抜く要領で処理するしかありませんが、不潔な状態で行うと炎症を起こしたり、肌を傷めてしまうおそれもありますので、慎重に行ってください。 このほか、抜く処理法を行うと、皮膚が弱い人などは炎症を起こしてしまう可能性もあります。

皮膚の「かゆみ」を訴える人が多い

よく抜いたあとに皮膚の「かゆみ」を訴える人が多いのですが、これも皮膚にかなりの負担がかかっている証拠です。かゆみのほかにも、毛抜きやテープなどを使ったあとに、肌が腫れぽったかったり、赤いポツポツができるなどの経験をした人は少なくないはずです。ひどいときは血が出ることもあります。 抜く処理法をする場合は、くれぐれも無理をせず、皮膚を清潔にして行う、できるだけお風呂上がりの毛穴が開いた状態で行う、また処理後の肌の手入れをしっかりするなどの注意が必要です。 とくに広範囲を一度に脱毛できるワックス、テープ、機器を使用する際は気をつけましょう。また、温めて使うワックスは、熱くしすぎて、ヤケドをしてしまうおそれがあります。最近はテープのほうが人気で、ワックスはそれほどニーズがないようですが、使用に当たっては注意が必要です。 ところで、こうした抜く脱毛法は、体毛の成長に影響するのでしょうか。あるエステティックサロンでは「テープで脱毛を続けていると、毛根部にダメージが及ぶから、ムダ毛自体がだんだんやせてきて、最終的にはかなり薄くなる」といって、テープでの脱毛をすすめているそうです。しかし、これには医学的な根拠はありません。むしろ、物理的刺激によって、毛が濃くなってしまう可能性も否定できないのです。

色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。