カミソリなどで剃る

剃ると毛先が平らに切断されたまま伸びるので、太く濃い毛が生えてきたように見えてしまいます

 もっとも一般的なムダ毛処理法がカミソリを使った方法です。おそらく皆さんも一度は行ったことがあるでしょう。電気シェーバーも、剃る方法のひとつです。 剃るのは短時間で広い範囲のムダ毛を処理できる、もっとも手軽な方法といえるでしょう。しかし、難点は剃ってもすぐに生えてきてしまうこと。しかも、剃ると毛先が平らに切断されたまま伸びるので、太く濃い毛が生えてきたように見えてしまいます。少し伸びて、太い毛が短く生えそろった状態になると、見た目もキレイでないし、チクチクして、手ざわりが悪いものです。 ですから、いったんカミソリで処理をはじめると、日常的に処理を続けなくてはいけないということになります。中には毎日お風呂でスネ毛を剃っているという女性もいるほどです。 剃ることは、手軽で安全な方法ですが、人によっては、皮膚を傷つけ、カミソリ負けを起こすことがあります。 とくに皮膚の弱い人は注意が必要です。サビたカミソリを使ったり、毛の向きと反対方向に剃る「逆剃り」をして、傷ついた毛穴から雑菌が入り込み、毛膿炎という炎症を起こす場合もあります。 また、剃った場合、剃り跡というか、「仕上がり」も問題です。皆さん体験なさったことでしょうが、剃った場合は、皮膚にムダ毛のカット面が黒くポツポツと見えてしまい、あまり美しい仕上がりとはいえません。しかも早い人なら、2〜3日以内にカット面が伸びてきてしまい、さらにポツポツが目立ってしまいます。この剃り跡の仕上がりが気にならない人はまずいないでしょう。 ところで「剃ると毛が濃くなる」という説があります。これに対してはこれまで「剃った断面が太くなってそのまま伸びるため、濃くなったように見えるだけで、実際には剃っても濃くならない」という「回答」が一般的でした。 しかし最近では、それが「正解」とは限らないとされています。頻繁に剃っていると、皮膚が刺激され、血行がよくなるため、必然的に毛が丈夫になり、太く濃くなってくるという意見があるのです。実際、当クリニックにいらっしやる患者さんでも、「長年剃り続けていたら、本当に毛が太く濃くなってしまった」と訴える方がかなりいらっしゃいます。

色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。