毛小皮とは、皆さんもよくご存じのキューティクルのこと

繊維の間にメラニン色素の粒や気泡を含んでいます。

毛幹は、外側から毛小皮、毛皮質、毛髄質という3つの層から成り立っています。 毛小皮とは、皆さんもよくご存じのキューティクルのこと。タンパク質の一種で、ウロコ状に髪の毛をコーティングしています。 毛皮質は毛の8割を占める部分で、これもやはりタンパク質でできています。ちょうど繊維を束ねたような構造をしており、繊維の間にメラニン色素の粒や気泡を含んでいます。メラニン色素の粒が大きく数が多ければ黒髪、粒が小さく色素が少なければ金髪、メラニン色素が少なく、気泡が多ければ白髪というように、髪の毛の色を決定づけています。 毛髄質もまたタンパク質でできた組織で、毛の太さによってその量が異なります。太い毛は毛髄質が太く、細い毛は毛髄質が細いのです。

体毛は一定のサイクルのもとに成長している

体毛は爪などと違って、絶えず伸び続けるものではなく、生えて、寿命が来て抜けて、また新しいものが生えて……というように、一定のサイクルを持っています。これを「毛周期(ヘアサイクル)」といいます。 体毛1本1本には、それぞれ独自の成長サイクルがあり、そのサイクルは周囲の体毛とはまったく関係していません。動物などは、春先になるといっせいに毛が抜け、新しい毛に生え変わりますが、人間はそういうことはないのです。


色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。