男性用の眉毛のお手入れキットも発売されています

今や男性が眉毛の手入れをするのは、珍しくも何ともない時代になりました。

長野オリンピックで金メダルに輝いた人気スキー選手が、一風変わったことで話題となりました。それは彼が「眉毛を剃っているか、剃っていないか」というものでした。もともと顔だちの整ったハンサムな選手なのですが、最近さらに男前になった、その理由は、眉毛にあるという話です。昔の写真に比べて眉毛がキリッと細く、格好いい流線型になっているのだそうです。 「剃っている」「いや。剃っていない」「あれはかなり抜いているはずだ」「だったらずいぶん痛かっただろう」と、スポーツ新聞紙上などでちょっとした論争になる始末でした。 ことの真偽はともかく、今や男性が眉毛の手入れをするのは、珍しくも何ともない時代になりました。男性用の眉毛のお手入れキットも発売されています。女性なら誰しもおわかりのことでしょうが、眉毛の形で顔の印象はずいぶん違います。「カッコよく見せたい」と願う男性が、せっせと眉毛の手入れに励むようになったのは、ある意味で当然の流れかもしれません。 

眉毛というだけにとどまりません。ムダ毛の処理をする男性も増加してきています

たとえば、足のスネ毛。男性は女性と違い、スネ毛が濃いぐらいが、むしろ男らしいというのが、まあ一般の認識でしょうが、「あんまり濃すぎるのはイヤだ」という人が増えてきているのです。 かといって、男性がスネ毛ツルツルというのもまたおかしなものです。ですから「濃すぎる」ことを気にする男性たちは、毛抜きで抜いて「間引き」したり、ハサミで短めにカットして、分量を少なく見せたりと、涙ぐましい努力をしているようです。同様に、ワキ毛の処理に励む男性も少なくないようです。 スネ毛やワキ毛のほかにも、腹毛やビキニラインの体毛を気にする男性も少なくありません。ある男性専門のエステティックサロンで働く男性は、現在、腹毛を電気脱毛中で、「今、ヘソ下5センチまで完了してます」と誇らしそうでした。彼がいうには、水着になったときに、腹毛やビキニラインのヘアは見苦しいのだそうです。欧米ならそういったところが毛深くても、「ワイルドな男性の魅力」ということになるのでしょうが、日本人はまたちょっと価値基準が違うようです。これも「清潔好き」が関わっているのかもしれません。


>>日本全国みんなが脱毛

色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。