清潔感がオシャレの第一のポイント キレイにメイクアップ

他人からは「不潔な人」とか「だらしのない人」いうイメージを持たれてしまいます。

清潔感がオシャレの第一のポイントであることは、誰もが否めないことでしょう。 どんなにキレイにメイクアップしても、流行のドレスをまとっても、襟元にフケが落ちていたり、プーンと汗臭いなどというのではすべてが台なしです。 ムダ毛もそうです。オシャレなミニスカートをはいたはいいけど、ゴワゴワしたスネ毛が無数に生えていたり、あるいはノースリーブのドレスから、ワキ毛がピョコンと飛び出していたりしたら、他人からは「不潔な人」とか「だらしのない人」いうイメージを持たれてしまいます。 どんなにシャワーをしっかり浴びて、ボディシャンプーで磨き上げ、バイキンひとつないボディだと胸を張っても、これではNGです。 
ムダ毛の存在は、それだけで「見苦しい」「不潔」というイメージを与えてしまうのですね。清潔感というのは、人から持たれるイメージの問題でもあるわけです。 だから、人に好感を持たれたいのであれば、ムダ毛の処理も含めて、まず「ボディを清潔に保つことがもっとも大事」ということになるのですが、最近ではこの「清潔さ」に対する価値基準が、どんどん厳しくなってきているという現状があります。 ひと昔前の日本は、これほどまでに「清潔感」に対するチェックが厳しくありませんでした。

たとえば今は、誰もが毎日、お風呂やシャワーを使うのが当然という時代

20年前、30年前は、1日置き、2日置きという人もちっとも珍しくなかったはずです。また、襟元がフケで白くなっていたり、ほころんだセーターを平気で着ているという人もたくさんいました。 ところが、今そんなことをしたら、たちまち「まあ、フケツー」「やだわ、あの人」とばかりに眉をひそめられてしまうでしょう。今や日本は、世界的にも有名な「清潔好きな国民」ということになっているのです。 同時に、ムダ毛に対するチェックももちろん厳しくなってきています。ちょっと前までは、どうかすると妙齢の女性でも、スネ毛のお手入れをせずに、堂々とミニスカートをはいていたりしたものですし、もうちょっとスゴイ人では、ノースリーブからワキ毛がはみ出しているという事態も起こっていました。 

それでも「まあ、そういう人もいるだろう」というように、ある意味で容認されていた時代でした。 でも、今はもうそんな人は、少なくとも若い女性にはまず見かけません。それだけ日本人の身だしなみに対する価値観が変わり、ムダ毛に対する「世間の目」も厳しくなっている証拠でしょう。 その一方で、体毛が濃い人は、より深刻な悩みを抱えるということにもなっています。

>>素肌美は日本人女性の誇りである。

色々な脱毛方法

カミソリなどで剃る
摩擦でこすり取る
毛抜きや脱毛テープで抜く
薬剤で溶かす
ブリーチ剤で脱色する
家庭用脱毛機器を使用する
エステティックサロンで脱毛する

おすすめサイト・トピックサイト

【おすすめcontent】

 

記事トピックス

清潔感のハードルがどんどん高くなってきた
素肌美は日本人女性の誇りである
日本全国みんなが脱毛
レーザー脱毛はこれからの主流になる
体毛のメカニズムを知っておこう
体毛は3層構造で成り立っている

当サイトについえ

運営者・管理者
あなたは今までの脱毛法に満足しているか?、さまざまな脱毛法を検証してまして、皆さんは実際にはどのようなムダ毛の処理法を行えばいいのかの指針になればと思いこのサイトを立ち上げました。
よろしくお願い致します。